特集記事

光触媒チタンボール

※こちらの記事は旧サイトのものです。過去の試作品ですので、現在は製造しておりません。

光触媒チタンボールは、そのもの自体は変化せず光を吸収して化学反応を促進します。しかし現在では、太陽光だけでなく電磁波(ガンマ線、Ⅹ線、紫外線、可視光線、赤外線・・・)でも触媒が起こることが実証されております。蛍光灯などの光でも、暗所でも触媒が効果を発揮するのはそのためです。

触媒は電磁波を吸収して化学反応を促進します。 その働きの酸化作用により有害物質が分解されて除去されます。これにより脱臭、殺菌,防汚、除去などが出来ます。 又、触媒分解される時に、酸化、還元反応によりマイナスイオンを放出します。そのマイナスイオンが発生することにより、 油の酸化劣化抑止や生鮮食料品などの鮮度保持等の効果が 得られます。また人間、動物、植物の健康を回復、維持させる重要な働きがあります。精神の安定、および吸収機能や人体の生理作用の向上、細胞の活性化の促進につながり、アレルギー等の改善にも効果を 発揮します。