ブログ再開40日目、まずは2つの連載を続けていこう

2024年5月14日からブログを再開し、約40日が経ちました。この間、さまざまなテーマの記事を書きましたが、「初めての農業日記」「日本の無添加食品」の連載は、とても書きやすく、長く続けていきたいと感じています。

「農業日記」はなぜ書きやすいのか?

農業日記を書くようになったのは、今年4月に畑を始めたことがきっかけです。畑を始めると、「苗を植える、水やり、雑草を抜く、収穫する」など、毎月何かしらの作業が必要になります。必然的に畑に行くことが習慣化されるから、書くことが尽きないというわけですね。

畑に行く度に、植物たちの成長が著しく、畑の風景が変わっています。畑の様子や作物の成長を記録することで、少しずつ知識と経験が身につきます。今日、初めて枝豆を収穫しました。家で軽く塩茹でにしたら、美味しいのなんの。これだけで記事が一本書けるほど感激しました。畑……つまり、微生物、植物、虫たちに関わっていると、書くことは尽きないのです。

「無添加食品探し」の楽しみ

無添加食品探しは、私が10年以上続けている趣味のようなものです。スーパー、道の駅、キャンプに行くたびに、「何か面白いものはないだろうか?」と物色するのが習慣です。無添加だから必ずしも美味しいとは限りませんが、無添加で味もしっかりしている商品に出会えると、心から嬉しくなります。

「こんな素晴らしい企業が日本にはまだ残っているのだから、希望が持てる。自分もがんばろう!」と思えるのです。最近見つけた無添加の焼肉のタレは、感激するほどおいしかった。だから、ブログ記事にしました。

いろいろな記事を書いてみて、農業日記と無添加食品紹介は、長く続けいけば、いつかきっと花が咲きそうだなと感じています。もちろん、これ以外の記事にも挑戦していきます。

感動を受けたら、感動を与えよう

心を揺り動かされたら、誰かに伝えたくなる。その衝動が、創作活動の原点だと思うのです。

これからも、単にブログを書くだけでなく、ポッドキャスト、YouTube、そして商品開発と、あらゆる手段を使って、自分の中の情熱を発信していきたいと考えています。そして、多くの人に癒しと感動を与え、結果的に私たちの取り組みを応援してもらえるようになれたら嬉しいです。

そのために、以下のようなコンテンツを考えています。

  1. 芯のあるブログ記事:読者に何かを考えさせ、行動を促すような記事を書く
  2. かわいいイラスト:目を引き、心を和ませるようなイラストを描く
  3. 楽しいポッドキャスト:リスナーが思わず笑顔になるようなトークをする
  4. 試行錯誤しまくりのYouTube動画:失敗も成功も包み隠さず伝える動画を撮影する

これらのコンテンツを通じて、私の思いや経験を多くの人と共有していきたいと思います。ブログ、イラスト、ポッドキャストは、少しずつ方向性が見えてきましたが、YouTubeは分からないことが多すぎて、久々に途方に暮れています。でも、これすらも楽しい。続けていけば、いずれ何とかなるでしょう。

40日間、ブログを書き続けてきたことで、自分の立ち位置が少しずつ見えてきました。これからも日々の発見や気づきを大切にしながら、コンテンツ作りに励んでいきたいと思います。