募集期間:2021年9月〜10月末

たくさんのご応募ありがとうございました!

「第1回 無添加エッセイコンテスト」に多数のご応募をいただき、ありがとうございました。

無添加にこだわるようになったキッカケ、添加物が気になるようになった出来事、それぞれのこだわりや体験談を描いたエッセイが集まり、皆さまの意識の高さに感心するばかりです。

大賞と入選以外の作品も、こちらのページに随時掲載していきます。全国から届いた「無添加エッセイ」をお楽しみください。

大賞(1作品)

大賞は、埼玉県・こまゆみさんのエッセイ「好き」に決定いたしました。賞金1万円と無添加商品詰め合わせをお送りします。おめでとうございます。

好き(埼玉県・こまゆみさん)
私はお菓子が好きだ。お菓子と言ってもポテトチップとかクッキーとかじゃなくて、無添加のお菓子が好きだ。

入選(3作品)

入選は、以下の三作品に決定いたしました。副賞として、完全無添加のマスク用ミストをお送りします。おめでとうございます。

無添加になるということは(東京都・BANANAさん)
「なんか結局、今が人生で一番健康だな」気づけば私は、もう40代後半。ですが、最近よくこう思うのです。

おっぱいは、私の食べた物で出来ている(滋賀県・高田さん)
生後間もない赤ん坊を抱え、私は途方に暮れていた。赤ん坊はさきほどからいっこうに泣きやまない。

一番の無添加(埼玉県・フワリさん)
実を言うと幼少期ほとんど学校に行っていない。原因はアトピー。

参加作品(1-10)

いずれも力作揃いです。随時更新していきます。

自分に正直に(北海道・太田さん)
無添加という言葉を聞くと、私は今でも中学生時代を思い出す。

祖母の手作り化粧水(神奈川県・みつきさん)
母が心の病を患ったのは、私が中学生の時でした。

やさしさのバトン(東京都・ふーみんさん)
物心ついたときから、無添加に囲まれて育った。

摩訶不思議な体験(兵庫県・リリーさん)
「あれ?おかしいな。」使えば使うほど体調が悪くなる市販の消毒液。

母と私の無添加生活(鹿児島県・あーちゃん)
七月中旬。梅雨が明け、本格的な夏の日照り。

気づけば無添加を好んでいた(神奈川県・花里春音さん)
私が添加物を初めて知ったのは、中学校での家庭科の授業でのことでした。

それは食べちゃダメ!〜妻のアドバイス(岐阜県・海神瑠珂さん)
独身時代が長かった私は、自炊があまり得意ではなかった。

替えの利かないものだからこそ(兵庫県・池田さん)
私は学生時代、思春期による肌荒れに悩まされていた。

添加物フリーの治療でアトピーを治す(大阪府・生きる希望さん)
私はアレルギー科医でアトピーの方々を多数治療している。

私の持論(千葉県・三郎さん)
孫用に買ってきた抹茶アイスを手に取って、妻が首を傾げる。

参加作品(11-20)

参加作品(21-30)

参加作品(31-40)

参加作品(41-50)

応募要項

「第1回 無添加エッセイコンテスト」応募要項